STICK BLOG

福野さんの新刊本のご案内で~す。(お待たせ)

暑いですね。

福野さんファンにアツい告知です。心して読んじゃって下さい。
以下、ご本人登場です。(パチパチ)



みなさまこんにちは、福野礼一郎です。大変ご無沙汰しております。荒井さんから「単行本出すなら、うちで場所を貸しますからみなさんに告知してください!」と前々から言っていただいてたんですが、締め切りに追われて1日伸ばしにしてるうちに発売日になってしまいました。すみません。

えーと新刊その1はカーグラフィック社から、「あれ以後全集」です。第5巻と第6巻の2冊同時に7月14日に発売です。第5巻は2011年10月から2012年9月までに執筆した原稿の中から26本、第6巻は2012年10月~2013年11月に書いた中からの30本。もちろん選集とはいえど一応「全集」ですから、「クルマはかくして作られる」「人とものの讃歌」「晴れた日にはクルマに乗ろうVol.1/Vol.2」などのムック本に収録された原稿とかなり重複しています。ごめんなさい。でも校正してくださった編集部のみなさんは「雑誌形態で読むのと、縦書きの書籍で読むのでは印象がまったく違って、書籍だと内容がよりダイレクトに頭の中に入ってくる感じがする。これはこれで別の読み物だ」と言ってくださいました。自分で校正していても「こんなこと書いたかな」と思った部分もあるくらいで、確かに読んだ印象はかなり違うと思います。第6巻にはささやかなおまけとして、ムック本化したときにも収録
できなかったメリーさん(ダイアン)とのインタビューを10ページ収録しました。おまけといえば、今回は写真やキャプションが見れるようなwebの仕込みを作ろうと考え、写真資料を一生懸命作って編集部にお渡ししてあったのですが、今日(13日)初めて出来上がったものを見て見たら、残念ながらおまけにすらなっていないような代物で、めちゃめちゃがっかりしました。なので紹介しません。期待しないでください。価格はどちらも税別1500円。各300ページありますから、写真の件は抜きにしても文章だけで十分読み応えはあると思います。てか2冊続けて読んだらうんざりします。

その2はモーターファン・イラストレーテッド誌の連載「二番搾り」をまとめた単行本2018年版です。こちらは8月中には出る予定で、書名は「福野礼一郎のクルマ論評3(仮)」。連載の記事中ですでに告知しました通り、本年版はオールカラームック本からまたまた一転、縦書きモノクロ単行本に先祖返りしてしまいました。2016年版、2017年版ともにカラームック版はモノクロ単行本の半分以下というさんざんな売れ行きだったそうで、さすがにもうこれ以上は出せないという判断です。カラーだから売れなかったんじゃなくて私の人気が凋落しただけだろうという業界の見方もそれはそれで正しいとは思いますが、実は同じオールカラームック本の「TOKYO中古車研究所Vol.1/Vol.2」は「新車インプレ2017」の2.5倍くらい売れたんですよねー。なので「amazonでただ読みできるのが本が売れなかった理由では」と試しに思ったことそのまま言って見たら、まさにずぼしだったのか、今年版はもうただ読みはやめるそうです。というわ
けでせっかくただで読めていたのにごめんなさい。今年版は立ち読みでお願いします(笑)。あ、あと内容の半分は「二番搾り」ですが、のこりの半分は、たった9号で廃刊になった隔月刊誌「モーターファン」に連載していた60年代旧車についてのメーカーのエンジニアとの座談です。テーマは2000GT、コスモ・スポーツ、GT-R、Z432、ベレGRにGTOに初代ソレックスキャブのポルシェ901など。本職エンジニアのコメントは自動車評論家なんかと違ってさすがに内容濃いです。「モーターファン」を買ってなかった方はこの9本だけでも単行本買う価値あると思います。こちらもwebに飛んで写真が見れるようにすべく編集部と交渉してますが、どうなることやら。

その3。毎月GENROQで「昭和元禄universe」を読んでくださっている方は「そろそろ」だということにお気づきでしょう。直近3年分まとめた「人とものの讃歌2(仮)」も秋には刊行できると思います。あともう一冊単行本の大物企画がありますが、こちらは年内にはちと無理かも。。

長らく続いてきた連載が打ち切りになったり(昭和元禄は死ぬまでやります)、新たに連載が始まったりと、ここんとこで多少動きがあると思いますが、どうぞこれからもよろしくお願いいたします。

・・・・・という事です。仕事(学業)頑張る気になったでしょ?












スポンサーサイト
  1. 2018/07/13(金) 17:21:44|
  2. 未分類

売れたのは・・・・・。

とにかく激務。

見方によってはウチはブラック企業ですね(社長が言うな!)

・・・・・で売れちゃったのは「1993年式 190E」「1995年式 E500リミテッド」「平成30年式 プリウス(ナンだそうりゃ?)」「1993年式 964カレラ2」「2015年式 アルピナB4カブリオ」「2018年式 ベントレー ベンティガ新車」「2005年式 アストンマーチンDB9ボランテ」「2011年式 BMW650カブリオ」「1992年式 300CE-24」「2009年式 E300」・・・・・と怒涛の納車ラッシュ。

実に色々、納めてます。

買取強化中!

荒井を唸らせる個体をお持ちの貴方、待ってます。

さぁ、あっと言う間に月末だ。












  1. 2018/06/22(金) 18:34:52|
  2. 未分類

190Eのコメント追加!

問い合わせの多かった「1993年式 190E」のコメントを追加しました。「これ以外に何かやる事ありますか?」と言いたくなるような明細です。驚いて下さい。敬意を表してボンネット塗装の刑に処してます。










  1. 2018/05/20(日) 17:38:09|
  2. 未分類

GWも終わります。STOCKLIST怒涛の更新です。

怒涛の更新とは大げさですが、撮り貯めてあった写真をUPしました。

チョッとお疲れ気味のスティックさんです。

ミニ クロスオーバーのブラックナイトなんて入ってるのねぇ。











  1. 2018/05/06(日) 16:15:45|
  2. 未分類

新着入庫は・・・・・・

花粉&黄砂の攻撃に相当ダメージを受けてるスティックさんです。マジでツラいです。
早くやり過ごしてしまいたいです。

さて、そんな中新着入庫が続々と。

1992y M.Benz 300CE-24 ブリリアントシルバー/ブラッククロス 59,000km 車検31.3まで、D車/左ハンドル/5AT/AC/パワーシート/キーレス/記録簿
ASK万円

ウチの認定中古車出身の個体。もちろん程度に自信あり。オーディオはBluetooth対応に交換、ETCとキーレスが付いてますがあとはノーマル。クリア層のヘアラインも最小限で敢え補修はしないでいこうと考えてます。お金がかかってる感が味わえるパーソナルクーペ(死語か)

2004y リンカーン タウンカー ホワイト/ベージュ革、23,000km 車検31.6まで 左ハンドル、D車/5AT/オートAC/2DINナビ&バックカメラ&ETC/記録簿
ASK万円

ウチでは珍しい米国車。ハリウッドの現代的な映画ではよく見るアレです。東京ではウナギのようなリムジンを良く見かけますね。これも実はウチで販売した個体です。走行が少ないクルマはまず出てこないジャンルです。安楽な感じでアメリカンV8のサルーンをご堪能下さい。フォード車っていうとこがミソですね。KJSがいればメンテも心配無用です。

2009y M.Benz E300(W212)サンプロテクションパッケージ ホワイト/ブラッククロス 49,000km 車検30.7まで 右ハンドル/D車/AT/オートAC/リアドアカーテン/リアカーテン/記録簿
ASK万円

これもウチの認定中古車出身。数少ない扱いのW212セダンです。この車のツウなポイントは「アバンギャルドではない事」です。布シートと乗り心地のイイ足回り。しかもエンジンは物足りなさを補う3リッターです。ウッドが白濁してるのが悩みですが価格に応じてリペアか現状かって感じです。普通にお薦め。

2008y BMW530ツーリング ハイライン(E61) チタンシルバー/ブラックレザー 39,000km 車検31.9まで 右ハンドル/D車/6AT/パノラマルーフ/2オーナー/記録簿/コンフォートアクセス
ASK万円

これまたウチでは珍種に入るE61。個性的な外観で賛否が分かれる車種です。知り合いのご実家のクルマです。メンテはウチで引き受けてました。クルマはウルトラ綺麗。パノラマルーフはまずお目にかかれません。530エンジンも希少かな?買いやすい価格になってきたので中古車の評価を上げてもいいような気がします。

色々入って来ますが写真がなかなか撮れずにすみません。気になる方はメールにてお問い合わせを。












  1. 2018/04/15(日) 11:36:54|
  2. 未分類

新着入庫は「Birkin」と「Kangoo」変わった2台です。

花粉が凄い!今年はツラいですね。

えっと、バーキンはSTOKCLISTにUPしました。

もう一台は

2013年式 ルノー カングー クレール 1.6 クラージュ ジョン(限定の黄色) 41,000km 車検2年付き 右ハンドル/D車/4AT/純正ナビ&ETC/1オーナー/記録簿/キーレス
ASK万円

こちらもウチでは珍しい個体。1オーナーの黄色い限定車。ちょうどポルシェのスピードイエローみたいな色です。広大な室内に素直なトルコンAT仕様。運転席上部の棚なんか何でも乗っちゃいます。両側スライドドアにリアゲートは観音開き。ファミリー用にもうってつけです。車検がちょうど切れますので継続してのご納車。ちょっとスティックさんが転がして様子見ます。どなたかいかが?












 
  1. 2018/03/15(木) 22:24:42|
  2. 未分類

新着入庫は・・・・・・。

暖かくなったと思ったら突然寒かったり、雨が降ったりです。何か調子がイマイチのスティックさんです。
皆様もご自愛を。

新着入庫は以下の通りです。

1993年式 190E パールグレー/ブラッククロス 左ハンドル 走行43,000km 車検30.9まで/4AT/パワーシート/8穴アルミ/記録簿/整備明細多数
ASK万円

ウチの認定中古出身の個体。里帰りです。12年前に1オーナー物を31,000kmで仕入れてしばらく在庫していて11年前に販売しました。それ以前は基本的にディーラー整備。以降の記録簿、整備履歴も完璧に残ってます。最終型のレフトハンダー。しかも低走行。非常に希少になってきました。オーディオとETC以外は基本的にノーマルです。現在までの整備のハイライトは「エアコンエバポレーター交換」「ブロアモーター交換」「フューエルポンプ交換」「ATFは数回交換」「ダンパー4本交換」「スタビブッシュ交換」等々経年による劣化も含め非常に良く手が入った個体です。この年代の塗装面によくある「クリア層のクラック」も無く内外装共にウルトラ綺麗です。エンジンパワーこそ非力ですが「それがどうした!オイラはコイツで充分さ!」と潔く言えるクルマです。

2009年式 アウディ RS 6 セダン モンツァシルバー/ブラックレザー 左ハンドル 走行48,000km 車検2年付/6AT/オートAC/SR/20インチAW/純正ナビ&ETC/スマートキー/記録簿 
ASK万円

大変珍しいC6系のセダンです。言わずと知れた「V10ツインターボ 580PSエンジン」のバケモノサルーン。もちろんクアトロシステムで普通に安全に走らせる事が出来ます。580馬力ですよ!トルクも66kg超えてますしフロントブレーキなんぞこれまたバカでかいのが鎮座してます。ワゴン(アバントね)が圧倒的に多いこのクルマ。サラッとセダンを乗るのが粋ってもんです。お客様からの入れ知恵でこの車種を思い付きましたが探すと全然無くてビックリしました。現在コッテリ仕上げ中。この個体は売れちゃうと思いますが引き続き同型を捜索中。

V10繋がりでM5、M6も探してま~す。今後発売されそうにない多気筒、大排気量に注目してます。










  1. 2018/03/10(土) 11:40:34|
  2. 未分類

新着入庫はまたしてもレア車???

毎度のご指名買取りで先日下見してきました。“Oさん”ありがとうございます。

「英国製スポーツカーの派生版」「好きな方はそれぞれにこだわりがあり解釈もいろいろ」
「エンジンのバリエーションはオリジナル同様で様々」「安全装置の類とは一切無縁(あっ、ロールバーがあるか)」
「集中ドアロックとかも無縁・・・って言うかロックも無い(笑)」「シリーズⅣまでありました」
「あっ、ドアすら無いんだった(簡易なのはあり)」

さて何でしょう?

派生モデルとしては一番正統とも解釈出来ると思いますが、そこはほらそれぞれね、持論がおありでしょうから踏み込まずに。
創設者の偉大な旦那様が亡くなってから奥様が権利を売ったからってねぇ。

さて何でしょう?

スティックシフト的には大変珍しい個体でございます。

花粉の季節に突入して少し走るにはツラいかな。

乞うご期待。











  1. 2018/03/01(木) 17:16:46|
  2. 未分類
次のページ

プロフィール

stickshift

Author:stickshift
www.stickshift.co.jp

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する